以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所紹介     ●スタッフ紹介     ●アクセス     ●無料相談の流れ

解決までの流れ     ●料金表     ●お客様の声 ●地域密着宣言

減額報酬頂きません     ●債務整理に取り組む理由

利息制限法と出資法

「利息制限法」と「出資法」とでは、上限金利が異なります。
以下では、その解説をいたします。


そもそも大手で上場している消費者金融が、なぜそんな違法行為をしていたのでしょうか。その理由は、「利息制限法」と「出資法」という二つの法律の抜け道から来ています。


元々、利息制限法で規程されている上限金利は、以下の通りです。

 

元本 金利
10万円未満 年20%
10万円以上100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

 

これが法律上、あなたに支払義務がある利息です。
一方で、もう一つの出資法では、上限金利を29.2%
 と設定されていました。
 

 

ここで問題なのが、それを違反した場合の罰則です。

利息制限法を超える利息を設定したとしても、これまでは何ら罰則はないのですが、出資法を超えると違法となる状況でした。
 

“じゃあ、その間の利息で設定してある場合はどうなるの?”

 

 その通り。

 

実はこの間の利息であれば、違法金利であるものの、罰されずに貸付けを続けられたのです。 

 

過払い金請求に関するページ

 ・過払い金とは
 過払い金とは、これまでにあなたが貸金業者に対して返済し過ぎたお金のことです。
これまでの借入期間が5~7年間以上におよび、借入金利が20%を超えるという方は、
高い確率で過払い金が発生している可能性があります。
この返済し過ぎた利息はあなたの元に全て取り戻すことができます。
詳しくは、    過払い金請求に関する詳細ページ
    


・グレーゾーン金利
グレーゾーン金利とは、利息制限法と出資法の間の金利のことを言います。
詳しくは、 グレーゾーン金利に関する詳細ページ
 
 

・利息制限法と出資法
「利息制限法」と「出資法」とでは、上限金利が異なります。
詳しくは、 利息制限法と出資法に関する詳細ページ
 


 ・過払い金請求の流れ  
受任から過払い金の返金を受けるまでの平均期間は、6ヶ月程度です。
詳しくは、過払い金請求の流れに関する詳細ページ

 

債務整理の個別相談・お問い合わせはこちらから 

個別相談実施中

サポート・料金表

お問い合わせ


●当センターについてはこちらから↓↓↓

事務所案内 | スタッフ紹介 | 料金| 無料相談の流れ | 業務の流れ | 地図

対応エリア拡大中!無料出張相談のご案内

初回無料相談会業務の流れはこちら料金表はこちら
無料相談グリーンバナー修正.png  Access Map

主たる事務所:〒7799-0133 四国中央市妻鳥町1206番地1 川端ビル
従たる事務所:〒799-0404 愛媛県四国中央市三島宮川4-5-7 東海ビル5階