以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所紹介     ●スタッフ紹介     ●アクセス     ●無料相談の流れ

解決までの流れ     ●料金表     ●お客様の声 ●地域密着宣言

減額報酬頂きません     ●債務整理に取り組む理由

免責不許可事由

基本的に、自己破産は借金を免除してもらう手続だと申し上げましたが、どんな場合でも借金が免除されるというわけではありません。

 

法律では借金を免除できない事由が定められていて、それを「免責不許可事由」と言います。

 
以下では、「免責」を許可されない理由を列挙していきます。

 

 「免責」を許可されない理由

1.財産を隠したり、壊したり、債権者に不利な条件で処分したとき

 

2.すでに返済不能の状態なのに、一部の債権者にだけ返済したとき

 

3.借金の原因が、浪費やギャンブルであるとき

 

4.すでに返済不能の状態なのに、お金を借りたり、クレジットカードで買い物をしたとき、
  またその買い物の商品を転売したとき

 

5.会社の帳簿にウソの記載をしたり、帳簿を隠したり、捨てたりしたとき

 

6.裁判所にウソの説明をしたとき

 

7.破産管財人などの職務を妨害したとき

 

8.過去7年以内に自己破産をして、借金を免除されていたとき
 

ただし、免責不許可事由に当てはまると、借金が免除されないということではありません。


裁判官は、あなたのお金を借入れた事情、家計の状況、生活状況など様々な事情を踏まえた上で、借金を免除するかどうかを判断します。

 

場合によっては、「一部免責」といって、借金のうち一部を自分で積み立てて債権者に支払えば、残りの借金については支払いを免除してもらえることもあります。 

 

自己破産に関するページ

・自己破産とは
「自己破産」とは、多額の借金により経済的に破綻してしまい、自分の資産では完全に弁済できなくなった際に、最低限の生活用品を除いて全ての財産を換価して、全債権者に公平に弁済する裁判上の手続のことです。
詳しくは、 自己破産に関する詳細ページ
 


・免責不許可事由
基本的に自己破産は借金を免除してもらう手続のことですが、どんな場合でも借金が免除されるというわけではありません。法律では借金を免除できない事由が定められていて、それを「免責不許可事由」といいます。
詳しくは、 免責不許可事由に関する詳細ページ
 


 ・自己破産メリット・デメリット
 「自己破産のメリット・デメリット」について、解説いたします。
詳しくは、 自己破産メリット・デメリットに関する詳細ページ
 
 

 ・自己破産の流れ
 「自己破産の流れ」について、解説いたします。
詳しくは、 自己破産の流れに関する詳細ページ
 

 

債務整理の個別相談・お問い合わせはこちらから 

個別相談実施中

サポート・料金表

お問い合わせ


●当センターについてはこちらから↓↓↓

事務所案内 | スタッフ紹介 | 料金| 無料相談の流れ | 業務の流れ | 地図

対応エリア拡大中!無料出張相談のご案内

初回無料相談会業務の流れはこちら料金表はこちら
無料相談グリーンバナー修正.png  Access Map

主たる事務所:〒7799-0133 四国中央市妻鳥町1206番地1 川端ビル
従たる事務所:〒799-0404 愛媛県四国中央市三島宮川4-5-7 東海ビル5階