以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所紹介     ●スタッフ紹介     ●アクセス     ●無料相談の流れ

解決までの流れ     ●料金表     ●お客様の声 ●地域密着宣言

減額報酬頂きません     ●債務整理に取り組む理由

個人再生メリット・デメリット

「個人再生メリット・デメリット」を、以下にまとめました。


 個人再生のメリット

○住宅ローン特則を利用すれば、マイホームを手放さなくて済みます。

 

○取立行為の規制。
  司法書士に依頼した場合、その時点で貸金業者の取立行為が規制されます。

 

○返済のストップ。
  司法書士に依頼した場合、その時点から民事再生成立まで債務を返済する
  必要がなくなります。
  ただし、裁判所によっては、返済資金のストックなどとして一定額の積み立てを
  
求める場合もあります。

 

○利息制限法による引き直し計算により、残元本の減額が行われます。

 

○利息制限法による引き直し計算により減額された元本を、更に5分の1に減額します。
  ただ
し、元本の5分の1が100万円より少ない場合は、100万円までしか減額されま
  せん。

 

○場合によっては、過払い金の返還も可能です。
  残元本以上の返済をしている場合は、過払い金の返還を求めることが可能です。

 

 ○自己破産のような、職業制限や資格制限がありません。 


 個人再生のデメリット

○信用情報機関の事故情報(いわゆるブラックリスト)に登録されます。
  ただし、銀行のキャッシュカードは作れますし、金融機関からの振込み、引き落とし
  等は、通常通り行うことができます 。

 

○官報に掲載されます。

 

個人再生に関するページ

・個人再生とは
「個人再生」とは、2001年4月にスタートした制度です。
個人の収入に応じた再生計画を裁判所で認可してもらい、原則として3年間返済できた
段階で、残りの借金を免除してもらうという手続です。
詳しくは、 個人再生に関する詳細ページ
 


・住宅ローン特則とは
「住宅ローン特則」とは、住宅ローンの変更を認める制度です。
住宅ローンの支払いが滞ると、抵当権を実行され、住宅を失うおそれが生じます。
詳しくは、 住宅ローン特則に関する詳細ページ
 
 

 ・個人再生メリット・デメリット
 「個人再生のメリット・デメリット」について、解説いたします。
詳しくは、 個人再生メリット・デメリットに関する詳細ページ 
 

 ・個人再生の流れ 
「個人再生の流れ」について、解説いたします。
詳しくは、 個人再生の流れに関する詳細ページ
 
 

・住宅ローンの返済が難しい方へ
「個人再生の流れ」について、解説いたします。
詳しくは、住宅ローンの返済が難しい方に関する詳細ページ

 

債務整理の個別相談・お問い合わせはこちらから 

個別相談実施中

サポート・料金表

お問い合わせ


●当センターについてはこちらから↓↓↓

事務所案内 | スタッフ紹介 | 料金| 無料相談の流れ | 業務の流れ | 地図

対応エリア拡大中!無料出張相談のご案内

初回無料相談会業務の流れはこちら料金表はこちら
無料相談グリーンバナー修正.png  Access Map

主たる事務所:〒7799-0133 四国中央市妻鳥町1206番地1 川端ビル
従たる事務所:〒799-0404 愛媛県四国中央市三島宮川4-5-7 東海ビル5階