以下は当サイトでよくご覧頂いているページです。

事務所紹介     ●スタッフ紹介     ●アクセス     ●無料相談の流れ

解決までの流れ     ●料金表     ●お客様の声 ●地域密着宣言

減額報酬頂きません     ●債務整理に取り組む理由

任意整理との違い

任意整理」は、司法書士が債権者と交渉を行いますが、裁判所を介しません。
一方「特定調停」は、裁判所が債務整理案を作成していく
 ことになります。 


また、調停成立後の調書は、確定判決と同じ効力があります。
成立後に支払ができなくなると、債権者は訴訟せずに強制執行手続(給与の差し押さえなど)ができます。

 

あまりに多額な借金の場合、特定調停という手段は難しいこともあり得ます。


特定調停を選ぶ目安として、利息制限法で引き直し計算をして確定する債務が3年以内に返済できそうかどうか、がポイントになります。
 

専門知識がなくても申し立ては可能ですので、司法書士に依頼するお金が用意できない人が裁判所の力を借りることが多いようです。

 

特定調停に関するページ

・特定調停とは
「特定調停」とは、簡易裁判所を利用して負債を圧縮する手続のことです。
支払不能に陥る可能性がある債務者が経済的再生を図る手続で、2001年2月から施行された新しい債務整理手続です。
詳しくは、 特定調停に関する詳細ページ
 


・任意整理との違い
「任意整理」は、司法書士が債権者と交渉を行いますが、裁判所を介しません。
一方、「特定調停」は、裁判所が債務整理案を作成していくことになります。
詳しくは、 任意整理との違いに関する詳細ページ
 
 

・特定調停メリット・デメリット
「特定調停のメリット・デメリット」について、解説いたします。
詳しくは、 特定調停メリット・デメリットに関する詳細ページ
 
 

・特定調停の流れ
「特定調停の流れ」について、解説いたします。
詳しくは、 特定調停の流れに関する詳細ページ
 

 

債務整理の個別相談・お問い合わせはこちらから 

個別相談実施中

サポート・料金表

お問い合わせ


●当センターについてはこちらから↓↓↓

事務所案内 | スタッフ紹介 | 料金| 無料相談の流れ | 業務の流れ | 地図

対応エリア拡大中!無料出張相談のご案内

初回無料相談会業務の流れはこちら料金表はこちら
無料相談グリーンバナー修正.png  Access Map

主たる事務所:〒7799-0133 四国中央市妻鳥町1206番地1 川端ビル
従たる事務所:〒799-0404 愛媛県四国中央市三島宮川4-5-7 東海ビル5階